あんずジャムのブログ 切ない恋と更年期

絶対に身バレはできない 恋愛しています。ダブるの超遠距離。でもとても純粋な気持ちから。こんなに純粋な恋愛はこの歳になるまでしたことなかったです。歳はもうすぐ 更年期に突入ぐらいです( ;∀;) どこにも吐き出せない気持ちを吐き出したい!

結局

彼とのことを相談できる友達がいます。


でも彼女は大病を患っていて、私とのやりとりは頻繁にはできません。



でも今日は久しぶりに電話が🤙

目が見えにくいからメールより喋った方が早いって。



彼のラインに不満があって 落ちていることを言ってみました。



彼女は


「あんず。。。それは恋愛してるからだね。上がったり下がったり。相手にも期待して それに違う反応されるとがっかりして。。。」

って笑いながら。


「奥様の話を出すのは それしか話題がないから、もしくは あんずに 甘えちゃって 大丈夫って思っちゃってるから」


「男はすぐ甘えるんだよ。想像力も女性より劣るしね」


「料理に関しては 完全に 食べたそうですけど〜。笑」



って。


「あんず、今すごくいい環境にいるんだよ。結婚という 形にはまらないで

お付き合いできてるんだから。

いけるとこまでちゃんとね。(過去の恋愛すぐ辞める傾向があるので)

もっと自信持って!」


などなど


たくさん話しました。


随分気持ちも スッキリしました。



1日未読にしていたラインを(恐怖で直視できず)


開けて ちゃんと既読にして


ジムに行って元気出して


彼に今日のラインを送りました。


今日も奥様のことには触れることができませんでしたが、(←今後対策を練って何とかします)


料理に関しては 以下 私のラインより抜粋。笑



「さびしー。。。


食べる機会ないーって。←私の料理ね、昨日のライン😩


まあ ないだろうけど。。。


でも


わかんないよ!?


人生なにがおこるか!?」


ここで可愛い天使のスタンプ👼


「いつか私がお弁当作ってピクニック行くことになるかもしれないじゃん!?笑



時々、君が食べたら何ていうかなあ〜。

しょっぱいって言われるかなぁ

美味しいって言ってもらえるかなあ


って妄想しながら作ってる。(笑)」



抜粋終わり。



そしたら


彼「ねえ、あんずって よく

じゃーん

って使うよね」

「なんか かわいい」

「でもじゃーんとかいう地方で育ってもいないくせに(笑)」


ちなみに私たちの故郷は訛りがすごくて有名な地方。



料理については


思いっきりスルーですが



ま、私 彼にいじってもらえると

嬉しい という変態?!性質が有りまして。。💕。



彼からのスタンプもハートがいっぱい。


ま、今日は合格とする。



時にはなかなか私が思うような


反応をしてくれないけど


できるだけ


彼の退勤時の私とのラインが

楽しくてワクワクするものであるように頑張る。

彼 自称 根暗、オタク。

私には明るいものを感じて(虫ですか!?) 寄ってきたところがあるので

そこ 大事ね! 暗いときもあるけど。。。できるだけ明るく。




落ちた時はすみません、ここでまた

愚痴ったり 相談させてください。。。


感謝。