あんずジャムのブログ 切ない恋と更年期

絶対に身バレはできない 恋愛しています。ダブるの超遠距離。でもとても純粋な気持ちから。こんなに純粋な恋愛はこの歳になるまでしたことなかったです。歳はもうすぐ 更年期に突入ぐらいです( ;∀;) どこにも吐き出せない気持ちを吐き出したい!

啓示か!?

時はまた2年前に戻ります。


母は亡くなる前2週間 モルヒネで痛みをコントロールしながら 過ごしていた。


毎日母の病室で色々な事を考えていた。


その時 とても意外な考えが頭に浮かんだのを覚えている。


一つは


「死ぬ時に、愛する人に見守られて死にたい。」


そしてその時の愛する人のイメージは夫ではなかったことに。。。自分でも衝撃を受けた。

(彼にはまだ出会っていないし)



二つ目は


「母は納得する人生だっただろうか?愛する人と十分に愛し合う経験をしたか?」

「例え、母が父以外の人と恋愛していてもいい、好きな人と愛しあえたならいい」



この思いは非常に突飛で、


何故なら

私は恋愛主義者では全くなかったから。


ましてや70代の母の死を眺めながら、、、なぜ??


母が活動的で人の何倍も楽しい事をしてきた。父ともいい感じで夫婦やってた。

私以外の家族はみんな「いい人生だったから」

と言って納得していた。


私だけ 心の中で

「お母さん、ちゃんと愛し合った?不倫だって全然いいよ。お母さんが納得できたんだったら」


って


えーーー


そんなことも


自分の中から出てくるなんてー



ほんとうにおどろきだったけど。



もしかしたら 危機の状況に置かれた時、いつもは蓋をしていた 自分本来の気持ちが出てきてしまったのもしれない。





この時点で

自分が不倫したいなんて

全く自覚はなかったのですが。。、




彼に会った時に


だから


心の壁はなかったかな。

すっと自分を明け渡すことができたかな。



お母さんからの


プレゼントかな。


お気に入りの娘だったから。



不思議な啓示でした。