あんずジャムのブログ 切ない恋と更年期

絶対に身バレはできない 恋愛しています。ダブるの超遠距離。でもとても純粋な気持ちから。こんなに純粋な恋愛はこの歳になるまでしたことなかったです。歳はもうすぐ 更年期に突入ぐらいです( ;∀;) どこにも吐き出せない気持ちを吐き出したい!

初恋

小学校三年生のクラスメート 佐藤君(仮名!)

が私の初恋の相手。


後で知ったけれど


彼とは誕生日も、生まれた病院も同じ。



小中と何度も同じクラスになり、強制的に入れられたクラブも同じ。



運命を感じる。。。



けれど。。。



彼は照れ屋で、本当は何を考えているのか言わないタイプ。

私は勝手に振られたと解釈して、初恋と言えども、さっさと別な男の子に心移りしたり、(笑)


全然一途じゃなかった私。


中3の時にやっぱり二人はお互いに好意をもち、


わかりずらーい やり方で、お互いに気持ちを伝えていた。


高校を決めるときに


私は志望校がはっきりしていたので、

「一緒に同じ高校に行こうよ」

って単純に、無頓着に、誘ったけれど



彼の学力では難しく、別な高校へ進学していきました。



彼「別々な高校だし。。。諦めた」



と後で教えてくれた。



そう、彼は すぐ諦める。

すぐ、照れる。



そういう人。



今回も地元での新年会で再会をしました。



会う前、お互いに「楽しみだね」、って言い合っていたのに。。。



その日、わたしの隣が空いていたにもかかわらず斜め向かいに席を決めた彼。



お互い 隣に座った人たちとの会話で忙しく、話す時間はありませんでした。


食事が終わって、外へ出る時、ほんの数分、

喋ったけれど。。。



終わってから彼から


「席をしくじった。ドキドキしてどうしても隣に座れなかったよ。話せなくて消化不良な感じだった」



というラインが。



私は思ったんだよね。



彼とはこういう感じなんだ、いつまでたっても。


勇気を出しきれない彼と、ぐいっときてくれないと 近づけない自分と。。。



💕好ましい💕



とお互いに思いながらも


ちかづけない


初恋の二人。




反対に、



勇気を出して近づいてくれたので、

心をぐっと掴まれて、

私のありったけの

積極性が開花された

そんな


今の彼。


今の彼が


やっぱり


好き、そう思う。



婚外という関係上 辛いこともあるけれど、


彼はまだ 完全に私を手放さないでいてくれる。ギリギリ繋がっている関係。



田舎で過ごしていると、


ああ、彼とこの田舎で年をとったら

手に手を取りながら 生きていきたいなあ。。。


そう 思っては 切なくなっています。