あんずジャムのブログ 切ない恋と更年期

絶対に身バレはできない 恋愛しています。ダブるの超遠距離。でもとても純粋な気持ちから。こんなに純粋な恋愛はこの歳になるまでしたことなかったです。歳はもうすぐ 更年期に突入ぐらいです( ;∀;) どこにも吐き出せない気持ちを吐き出したい!

近づく

過去に戻りまーす。


同窓会で再会の後、今度は5人だけの小さなグループで飲みに行きました。


その時からかな、私の着く駅までいつも彼がお迎えに来てくれるようになったのは。


そういう 行為も嬉しいんだよね。


海外で勉強して就職して、結婚して、子供育てて、


電車だって飛行機だって一人でズンズン乗れちゃうけど



お迎えに来てくれて、みんなとの集合場所までリードしてくれる彼。

ああ、甘えていいのね〜。。。って嬉しくなります。



甘えん坊なんだよね、私は。バリバリに見えるけど 本当は甘えたいのです。



で、5人での飲み会楽しかったのですが、


同級生あるあるで


誰が誰を好きだったかー


というコーナー。


男性3名が。。。。私だったって言う。。。

自分で言ってて恥ずかしい。



その中の一人 佐藤くん(思いっきり仮名)、

私の初恋の人です。


高校も一緒のところへ行こうよ! って話していたのに、別々に。

で、私の比較的 好きじゃなかった同級生の女の子と付き合ってしまったという。。。すごくショックでしたね。で、高校では私も新しい恋愛をしよーって 勢いあまって 変な人と一時期付き合っちゃいました。(苦笑)



彼はどう思って私と佐藤くんを見ていたのかな。。。



でも


その帰り、みんなと別れてから私たちはホテルへ。


仲良し時間を持ったのです。。。❤️



酔ってたし記憶は半分ぐらいですが、


彼のキスが



「あれー このキス したことあるなあ、100年ぐらい前に」



って言う不思議な感覚だったんです。


私と彼はこうなるべきだったような


不思議な懐かしさで


そんな事感じた事今まで一度もなかったので


彼とは離れたくないな、と


私はすでに思い始めていたのでした。